子育て漫画

【子育て漫画】子どもの可愛い「言い間違い」にキュン💕 ほっこり癒される言い間違い31選と、その対応策【子育てマンガ】

子どもの可愛い言い間違い、本当に癒されますよね…!

でもいつのまにか突然直ってしまうので、見かけたら早めに録画しちゃいましょう!

子どもが大きくなってから見返すと、子ども自身も爆笑ですよ。

母子手帳の空欄にちょこっと書いておくのもおすすめ!

母子手帳は、予防接種があるので10歳くらいになっても見直しますからね。

赤ちゃん時代の可愛い言葉たちも、可愛い母子手帳ケースに一緒に収納♪

実は母子手帳って10年以上も使います。母子手帳ケースにはこだわりたい♥

*  *  *  *  *  *  *  *

マンガに出てきた「ヘリコプター」「チョコチップ」以外にも、いろいろな言い間違いがありますよ。

とうもころし → とうもころし(十も殺し!?)

かさぶた → かさたぶ(耳たぶみたいで柔らかそう・・・)

柔らかい → やらわかい(どっちでも柔らかそうだから、いっか!)

新幹線 → かんしんせん(入れ替わっちゃうよね!)

エレベーター → エベレーター(聞き逃しそうなくらい自然!)

ポップコーン → コップポーン(コップをポーンと投げるのか!?)

頑張れ! → ばんがれ!(ママ、ばんがっちゃうぞ!)

蚊に刺された → かににさされた(か、蟹に?)

仕方ない → したかない(間違えてもしたかないね!)

消しゴム → けしもぐ(もぐ、ってゴムの触感が出ています!)

お子さまランチ → おこさらまんち(さらは「皿」だし、munchって英語で「むしゃむしゃ」って意味ですし。近い!)

テレビ → テベリ(テヘペロ、みたいな)

どういたしまして → どうしまして/どういたまして(どうしましょうね笑)

いただきます → いたきます(板、来ます?)

乾杯 → ばんかーい!(パン買い?)

じゃがいも → がじゃいも (「肉じゃが」は「肉がじゃ」です笑)

お友達 → おともらち/おとだまち (「おと」まではいけるけど後半があやしい)

ブロッコリー → ぶっころり(ぶっコロリ?)

お手紙 → おてまみ(可愛い~)

靴下 → つくした(ママがキミに尽くしてます!)

びっくりした! → ぶっくりした!(可愛くてぶっくりだよ!)

泣いてばかりいるおまわりさん♪ → ないてばかばかおまわりさん♪(泣いてバカバカ…?)

針千本、のーます♪ → はりせんぼんトーマス!(機関車トーマスに針がはえたか!?)

スカート → スタート(何が始まるのかと思いました)

スパゲッティ → スカベッティ(語尾はOK!)

お水、飲む → おみじ、もむ (か、か、可愛い!)

抱っこ! → あっこ! (あっこ、するする!)

ブランコ → ぶらんぶらん (繰り返しもあるあるだよね)

○○したい! → ○○たい! (サ行って難しいものね!ほっこりする~)

「言い間違いを直さないとこのままになってしまう?」

「周りの人が都度都度、キツく言って直すのが可哀相に見える」

など、言い間違いの関する悩みもいろいろあると思いますが、専門家の意見では「正しく言い直すことを強要しなくてもよい。直後にさりげなく、正しい言い方で繰り返してあげて」と推奨されています。

言い間違いは舌や口、耳などの機能の発達にともなって自然に治ることが多いので、無理強いさせずに、自然に正しい音を聞かせてあげるとよさそうです。

(でも、可愛いから直ってほしくない気持ちもあるんですよねぇ笑)

あなたの知っている、爆笑&ほっこりな「言い間違い」、ぜひコメント欄やTwitterで教えてくださいね!

マンガ提供:むすこ大好きアラサー母 のゆりさん

人気記事ランキング

-子育て漫画
-, , , ,

© 2022 コドモなび Powered by AFFINGER5