入園準備

園ママ直伝!保育園・幼稚園の「登園渋り」、リアル解決法6選 実証済み♪ 【持ち物編】

いつもはご機嫌で登園してくれるのに、今朝は特に理由もなく登園を渋っている・・・
そんな日の朝は急ぐあまり、ついつい怒ったりしてしまいがちに。

保育園・幼稚園での生活で何か問題がある場合を除けば、子どもの登園渋りは珍しいことではありません。おうちが居心地良いということですし、パパママを大好きな証拠です。
とはいうものの、忙しい朝の登園渋りは正直勘弁して・・・と思ってしまいますよね。

でも、ここは怖い顔をして怒ったり、無理強いをしたりするよりも、子どもの意識をちょっぴりそらしてあげる方が結局のところ話が早いことも。気持ちがパチッと切り替わって、すんなり登園してくれる場合が多々あります。

今回は、保育園ママを6年間務めた私や周りのママ(保育園・幼稚園)が実際に試して効果のあった「登園渋り」対策をご紹介していきたいと思います!

Writer Profile
ベンチャー系IT企業に勤めるワーママのRinです。広報という仕事柄、楽しい報をキャッチするのは得意な方だと思いますので、いろいろな情報をシェアしていきますね♪ 学生時代は幼児教育を専攻。日々の癒しは、小学校低学年の娘とのカフェ&スイーツ巡り。隙間時間に本やPodcastで情報収集、資格取得を目指して勉強中。

アイデア1.「秘密のお守り」大作戦

子どもがなんとなく登園を渋るのは、深層心理にある「ママと離れたくない」という気持ちが大きいと思います。
でも、ワーキングママにとっては、時間通りに保育園に送り届けないと自分が遅刻してしまうし、専業ママや幼稚園ママにとっても、幼稚園に頻繁に遅刻するのは教育上も好ましくなく思えるし、なるべく避けたいのが本心。
そんなとき、ママと子どもの2人だけの「秘密のメモ」を渡してみてはいかがでしょう。小さなメモ用紙に秘密のメッセージを書いて、通園バッグやズボンのポケットへ。「幼稚園に着いて、お支度が終わったら、誰にも内緒で○○ちゃんだけが読んでね!ぜったいに秘密だよ!」などというと効果的。耳元でこっそり、小さな声でささやいて、特別感を演出しましょう。すると、幼稚園に行く目的が「ママからのお手紙を読むこと」にすり替わり、歩みを進めることができる場合がけっこうありました。

字の読める子なら、短いお手紙を。まだ字の読めない子なら、可愛いイラストを描いたり、好きなキャラクターのシールを貼ったりしてあげるとよいでしょう。

具体例1.「げんきにあそんでね」のお手紙
文字の読める子向けには、簡単なメッセージを。
「ママは○○ちゃんがだいすきだよ♥」
「ママもおしごとがんばってくるね。○○ちゃんもげんきにあそんでね」
「ようちえんがおわったら、きょうのおやつは ぷりん だよ」
などとポジティブなメッセージを。

具体例2.好きなキャラのシールや、ニコニコのイラストを
字が読めない子には、可愛いキャラクターやキラキラしたシールを貼ったり、ニコニコのお顔の絵を描いて。文字がまだ読めなくても、キャラクターの名前や、「だいすき」、「ママより」など数文字の言葉を書いておくと、すぐに読めるようになりますよ。

具体例3.今日の占い/予言書(笑)
「きょうのおきゅうしょくは、○○ちゃんがだいすきなメニュー!」
「きょうは、○○ちゃんはせんせいにたくさんほめられるよ!」
「おともだちにやさしくすると、いいことがあるよ!」
「おすなばであそぶと、いいことがあるかも!」
など、占い調も変化があって楽しいですよ。

「もしも、さみしくなったら、これを読んでね。二人だけの秘密だよ」とママがにっこりすれば、ほっとした顔で「うん!」と答えてくれますよ。

先輩ママの工夫アイテム:
良い香りがするペンなどで書いてあげると、「秘密のお守り」感が増しますよ♪

アイデア2.「ファッショニスタ」大作戦

ママも女子中高生も(パパや男子中高生だって)、お気に入りの服やバッグだったり、髪型が決まっていたりしたら、出かけるのが楽しくなりますよね。園児だって同じです。登園渋りが始まる2~3歳ごろは、自我が育ってくる時期。ファッションにも強いこだわりが出てきます。
子どものお気に入りの洋服やリュックサックなどの登園グッズがあれば、「これを持って出かけようよ!」と前向きな気持ちに切り替えられる場合があります。
登園グッズは、子どものお気に入りばかりそろえておくと「登園渋り」には効果的かもしれませんね。

例えばこんな可愛い通園リュックがあれば、子どもはワクワクおでかけできそう♪ 「間もなく21番線から~、新幹線が発車しまーす!」などと盛り上げる一言もかけてあげるとなお効きます。

洋服は、できれば2~3枚出して子どもに選ばせてあげるとよいです。子どもの自尊心を満たしてあげられるし、「選ぶ」という行為を通して前向きな気持ちが膨らむと同時に、自主性が育くまれます。

おしゃれなママから人気の「キムラタン」サイトも要チェックです♪

本当は内緒にしたい海外通販、「チルドレンサロン」。ヨーロッパを中心としたおしゃれなデザイナーズブランドの子供服が比較的簡単に個人輸入できます。高品質でおしゃれな普段着を探している男の子&女の子ママにはこちら!↓

https://www.childrensalon.com/出典:チルドレンサロン公式サイト

「ママと同じ靴を履く人~!」とお誘いできる、ニューバランスのスニーカーで親子コーデ!

「今日はママとおそろいのお洋服にしようよ!」と言えば、起きたときからゴキゲンかも♪ママも抵抗なく着られるキレイめファッションでリンクコーデができる「Any fam」は、女の子ママなら要チェック。

こちらで「お揃い」と検索すると多数ヒットします。

お友達がちょっぴり羨むような可愛いマスクで登園すれば、話題のタネになるかも?

【行動編】に続きます!

人気記事ランキング

-入園準備
-, , , , ,

© 2022 コドモなび Powered by AFFINGER5